サポステとは

  1. HOME
  2. サポステとは
  3. 個人情報の取り扱い

個人情報の取り扱い

ご利用の目的

  • 若者サポートステーションWith Youわかやま(以下「サポステ」)は、厚生労働省と和歌山県の協働事業で、株式会社キャリア・ブレスユーが受託・運営しています。学校卒業後、中途退学後、または離職後に様々な要因によって無業状態にある若者の職業的自立(進学・復学等を含む)に向けて、社会人・職業人としての基本的な能力等の開発にとどまらず、職業意識の啓発や社会適応支援を含む包括的な支援をしていきます。職業の斡旋・紹介は行っておりませんが、地域のネットワ-クを活用しながら支援を行う機関です。

ご利用できる方

  • 原則として、15歳から39歳までの若者とそのご家族で、次のいずれかに該当する方。
    1. 仕事に就いておらず、家事も通学もしていない方で、就労を目指す方。
    2. 進路の決まっていない学校中途退学者や中途退学予定者で、就労を目指す方。
       ※「中途退学予定者」とは、退学手続き中であるなど具体的な中途退学の予定がある方を指します。
    3. サポステで支援を受けた結果、非正規雇用(アルバイト・パ-ト・派遣労働者)により、週20時間以上、かつ、31日以上の期間の定めのある雇用による進路決定をした方で、さらに安定就労(期間の定めのない雇用)を目指す方。
  • 現在、医療機関に通院治療中の方や、心理職専門家(臨床心理士等)によるカウンセリングを受けている方でサポステを利用される場合は、「サポステに通うことが可能であるか」、「就労等に向けた活動が可能であるか」といった点について主治医や心理職専門家の確認をとっていただくことが必要となります。また、ご本人の了解を得た上で、必要に応じてサポステスタッフが主治医や心理職専門家へ連絡させていただく場合があります。

主な支援内容

  • 個別相談支援
    1. キャリア・コンサルタントによる相談
    2. 臨床心理士による心理カウンセリング 
  • 各種セミナ-の実施
    1. 「仕事の技術」養成事業
      (職業実習・職業人講話・職場のマナ-など)
    2. 「仕事と社会」体験事業
      (ボランティア活動・レクレ-ション活動・職場見学・地域イベントへの参画など)
    3. 保護者一般向けセミナ-、その他
      (保護者同士の交流会・啓発講演会など)
  • 訪問相談支援
    1. 訪問相談が必要と判断した場合は、公共機関や家庭での訪問相談にも応じます。

支援方針

  • 利用者の状況やご要望等を踏まえ、達成目標と目安とする支援期間を設定し、進路決定に向けた継続的な支援を行います。
  • 設定した目標や支援期間、支援内容・方法等については、必要に応じて適宜見直しを行います。
  • 当サポステでの支援だけで進路決定が難しいと判断した場合は、より適切な支援機関へのご紹介を含め、支援機関と連携を図りながら支援を行います。

ご利用方法

  • サポステでの支援・サービスをご利用いただくためには登録が必要となります。
  • 本登録に際しては、必ず利用者ご本人またはご家族との面談を実施させていただきます。
  • 登録完了後の各種支援・サービスのご利用は、原則として予約制となります。
  • 予約を取り消す場合は、必ず事前にサポステまでご連絡ください。無断でのキャンセルが続く場合は、次回の予約をお断りする場合があります。

ご利用時間

【開所時間】 月曜日から金曜日 午前10時から午後6時
【休館日等】 土曜日・日曜日・祝日・お盆、年末年始

ご利用料金

  • 個別相談支援は無料です。ただし、サポステへの来所のための交通費は自己負担です。
  • 各種セミナ-等へのご参加に際し、実費相当額をご負担いただく場合があります。

ご利用上のお願い

  • サポステ施設内及びサポステの活動中における以下のような行為は禁止されています。 該当する行為があった際には、強制退出または支援を中断する場合があります。
    1. けんか、口論、暴力等、他人に迷惑をかけるような行為
    2. 刃物等の危険物の持ち込み
    3. 営利行為、勧誘活動、宗教活動、政治活動
    4. サポステスタッフルーム(コーナー)への出入り
    5. サポステ利用時間以外での利用や入室
  • サポステ施設や施設内にあるパソコン、備品、各種機材等を利用する際は、事前にサポステスタッフの了解を得た上で、決められたルールに従って行ってください。利用者の行為によってサポステ施設やサポステ所有物に物的損害が生じた場合は、各自の責任により弁償していただきます。
  • 貴重品や私物の管理は自分の責任で行ってください。サポステ施設内およびサポステ活動中での私物の紛失や破損については責任を負いかねます。
  • サポステ施設内は禁煙です。喫煙する際は、指定の喫煙場所を利用してください。

進路決定時等のご連絡のお願い

  • サポステの利用を経て就職が決定した際には、お手数ですが必ずサポステスタッフまでご連絡ください。
  • 一定期間サポステのご利用がない場合は、サポステから電話等で状況を確認させていただきます。
  • 連絡先の変更があった場合、転居等でサポステへの来所が困難になった場合にはご連絡ください。

利用者間の交流

  • サポステ利用者間での個人情報の交換、金銭の貸借に関しては、サポステとして責任を負いません。やむを得ない事情で行う場合は、あくまで個人の責任で行ってください。

個人情報の取扱

  • サポステとして得た利用者の個人情報については、サポステ(またはサポステの運営団体)が定めた規定に則り、厳重に管理し取り扱います。詳細については、運営団体である株式会社キャリア・ブレスユーのプライバシーポリシーをご参照ください。

ico_01

※プライバシーマークとは 個人情報の取り扱いについてJIS Q 15001「個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの要求事項」に準拠した適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者であることを示すマークの使用を認める制度であり、 経済産業省の外郭団体たる(財)日本情報処理開発協会(通称JIPDEC)による審査・認定を経て付与および利用が認められるものです。

  • より良い支援を行うために、登録の際に記入いただいた内容や相談内容等はサポステスタッフ間で共有させていただきます。
  • 他の支援機関との連携が必要な場合や、サポステから他の支援機関をご紹介する場合は、利用者の同意を得た上で、適切な支援機関と情報を共有させていただきます。
  • ご本人の同意が得にくい(障害もしくは疾患により適切な判断が困難である)場合は、個人情報の開示の同意は、ご本人からだけでなくご家族からも得ることとします。
  • 但し、以下の場合には例外となり、内容によっては情報を開示する場合があります。
    1. ご利用者が自分自身を傷つける行為や他人に危害を与える行為があった場合、またその恐れがある場合
    2. 法に従って証言の義務が課せられた場合
    3. ご利用者が未成年で保護者から情報の開示を求められた場合
    4. ご利用者が適切な判断が困難、あるいは、精神疾患等の疑いにより、医療機関への相談が必要と判断した場合

事故・災害等が発生した場合の対応

  • サポステ活動中に、利用者の怪我や事故が起きた場合は、サポステスタッフが必要な対応を行うとともに、速やかにご家族に連絡します。
  • 傷害保険加入イベント中に利用者の怪我や事故が起きた場合は、加入傷害保険の補償範囲内で補償されます。(保険加入イベントであるかどうかは、参加時にお知らせいたします。保険料は原則サポステが負担します。)
  • 保険加入時には、参加者本人の氏名、生年月日、住所、電話番号を該当保険会社へ提 供いたします。
  • 損害賠償等の案件が生じた場合は、関係者の協議により必要な措置を講じます。
  • 火災、地震等の大規模自然災害が発生した場合は、サポステスタッフが避難誘導を行います。

支援・サービスの実施が困難な場合

  • 以下のようなケースでは、当サポステでの支援を中止させていただく場合があります。
    1. 他の利用者、関係機関、サポステ及びサポステスタッフ等に対する暴言・暴力やインタ-ネット上での誹謗・中傷、ストーカー行為等の多大な迷惑行為があった場合
    2. 支援をするために必要な情報の開示がなされない場合
    3. サポステスタッフに対し虚偽の事実を伝えた場合
    4. 利用規約等に対する重大な違反があった場合
    5. 職業的自立に向けた意欲やサポステの活動への取り組み意欲がないとサポステが判断した場合
    6. 健康上等の理由により就労等を目指すことが難しいとサポステが判断した場合

このページの先頭へ